【大阪市淀川区 株式会社シーリンコミュニケーションズ】絶対に失敗しないGIS導入の7つのコツをお教えします。地理情報システムに関することなどお問い合わせにご質問ください

 


 

GISマーケティング・コンサルティング

DARMSの活用法

自社店舗マスタ/取引マスタの基盤として

  • 自社取引店データが上手く管理されていない為、データを抽出する作業もままならない。
  • 資料を作る際に都度、店舗リストを作成しなければならない。
  • データがリストの状態なので地理的な分布状況、位置関係がわからない。
  • その為、自社の地理的な勢力図が把握出来ない。

自社店舗マスタ/取引マスタの基盤として

競合店情報として

  • 自社取引店は地図上にプロットしているが、周辺の主要な小売店の分布状況がわからない。
  • 競合店情報・新店情報や閉店情報を現場から収集出来ていない。
    (収集しているが反映出来ていない)

競合店情報として

新規営業開拓のターゲットとして

  • エリア内の取引店営業強化を図りたいが、ターゲットとなる店舗が上手く絞り切れない。
  • ターゲット顧客層が多く住むエリア内の店舗を重点的に営業したいが、その情報が無い。

新規営業開拓のターゲットとして

DARMSに戻る

お問い合わせ


    ページTOPへ▲

Copyright (C) 2008 XILING COMMUNICATIONS CO.,LTD. All Rights Reserved.